「カロリーオフ」と「ゼロカロリー」、どう違う? どれだけ食べても大丈夫?

ダイエット中、気になるのが食べ物や飲み物に含まれている「エネルギー=kcal」です。自分の基礎代謝量を把握しながら、1日にどれくらい食べてもいいか、またどんな栄養バランスを心がければ良いのか、についてこれまでご説明してきました。その食べ物のパッケージに表記されている「カロリーオフ」や「ゼロカロリー」という謳い文句は、やはり気になるところ。では本当に0kcalで済むのか、またどれくらい「オフ」になっているのかについて、意外な基準が存在していることを、これからご説明していきます。

「オフ」とか「ゼロ」って何? そもそもどう違うの?

食品や飲料品のパッケージに「カロリーオフ」や「ゼロカロリー」と書いてある機会をよく目にすると思います。その他「無糖」などと表記されていることもあります(こちらはまた違う機会に)。

「オフ」は意味合い的には、カロリーがある状態から「減らした」状態であることはご理解いただけるかと思います。そして「ゼロ」といわれると、「どれだけ食べても飲んでも摂取カロリーがゼロなんでしょう?」というイメージがあるのではないでしょうか。では本当にそうなのか、をお伝えします。

厳密にはゼロではないんです。ちょっとショックじゃないですか? 「ゼロと信じて飲み続けていたドリンクに、実はカロリーが含まれていた」と。

「嘘じゃないか!」となるんですが厚生労働省による「栄養表示基準に基づく栄養成分表示」によると、「とある基準値内に収まるエネルギーであれば“0=ゼロ”と表記して良い(意訳)」と、既に定められているのです。簡単にいうとパッケージにカタカナで「ゼロカロリー」と表記されている商品が本当に0kcalとは限らないということですね。

基準を満たしていれば「カロリーオフ」や「ゼロカロリー」と謳ってもよい

その表記だけを信用してしまうと、いつの間にかカロリーを摂取してしまっている可能性があります。少し具体的に説明すると、食品・飲料ともに100gあたり5kcal未満であれば「ゼロカロリー」と表記しても良いことになっています。“未満”であれば「それ以上のカロリーは無い」という認識をすることもできますが、ちょっとショックですよね……。

次に「カロリーオフ」と表記しても良い基準について。食品で100gあたり40kcal未満、飲料で100gあたり20kcal未満。「カロリーオフ」だけでなく「低カロリー」「ライト」といった表記もこの範疇に含まれています。500mlペットボトルの清涼飲料水を1本飲むと、100kcal近くもカロリーを摂取してしまっている可能性もあるということですね。

「ゼロカロリー」は厳密に0kcalではない、「カロリーオフ」などの表記は、意外とカロリーが含まれている可能性がある、と覚えておきましょう。大きな見出しに惑わされず、成分表示を確認するクセをつけるのも良いかと思います。

【表記基準】
ゼロカロリー……100gあたり5kcal未満
カロリーオフ……100gあたり40kcal未満(食品)、同20kcal未満(飲料)

使われている糖類の種類によっても表記が変わる複雑さ

最後に似たような問題を一つ。先の「ゼロカロリー」にも似た言葉ですが、「糖質ゼロ」という商品をみかけたことがあると思います。糖質と似た言葉で「糖類」もあります。

大きく分類すると「糖質」の中に「糖類」が含まれています。もう少し詳しく掘り下げると「糖質」という大きい括りの中に、「単糖類」「二糖類」「多糖類」が存在しています。しかし「多糖類」は「糖類」には含まれません。ちょっとややこしいですよね。

先に紹介した「単糖類」と「二糖類」が糖類に分類されます。今回は栄養素についてではなく、「〇〇ゼロ」という表記についてですので、あくまで分類について覚えていただければ、と思います。

【表記基準】
糖類ゼロ……○多糖類 ✕単糖類・二糖類
糖質ゼロ……✕単糖類・二糖類・多糖類
糖質オフ……○単糖類・二糖類(100gあたり40kcal未満(食品)、同20kcal未満(飲料))

なんだかややこしいですが、今回のまとめとして「ゼロはゼロではない」「オフでも意外とカロリーがある」と覚えておいていただくと良いかもしれません。

次回は、今回のカロリーオフや糖質オフと書かれている食品・飲料によく使用されている」人工甘味料」についてお話したいと思います。今回紹介した各種表記を実現させるために、カロリーはたしかに控えめだけど、きちんと甘みは感じられて満足感を得られる仕組みについて、ご説明していきますのでお楽しみに!

代表取締役 田中 稔也
著者株式会社メディカルフーズ みのりや
代表取締役 田中 稔也

国家資格管理栄養士・調理師
その他資格
糖尿病療養指導士・食育指導士

経歴公益社団法人福岡県栄養士会
筑後支部 山門分会長 
(任期:2007年~2009年)

メディア出演FMたんとにてラジオ番組放送中
79.3MHz (毎週水曜12:27~)

2006年から内科専門病院にて病棟担当制の管理栄養士として月に100件以上の栄養指導に従事し、院内NST(栄養サポートチーム)の一員として活動。2010年に健康食・治療食宅配「みのりや柳川店」開店。2013年に「みのりや大牟田店」。地域の皆さまへ「本当に安心・安全な食を提供し、健康で豊かな生活を送るお手伝いをしたい」との想いで日々仕事に励んでいます。